お部屋 お料理 お風呂 館内施設 交通案内 観光案内 宿泊予約

よろづやスタッフが日田市内のオススメのスポットをご紹介していきます。
日田といえばもちろん温泉ですが、自然や歴史を堪能できるスポットもたくさんあります。パンフレットやガイドブックにのってない穴場などもご紹介していきます!
 
こんもりと木々が茂り、緑深い山の影を水面が映している。寒い季節の早朝には川面からもやが立ち上がり、天気のいい日は一面底霧に覆われ、その日その日の幻想的な風景にあえる。一番上に日の隈神社もあり、商売繁盛や子宝に恵まれると有名。神社の下にはインヨウ石もある。文禄3年(1594)に代官、宮木長次郎がここに城を築いた。
 
 
     
この石坂は昔の日田⇔中津間を行き来する大切な道路であり、たくさんの人が使っていた。だけど、通るのも岩や石で大変だった為、嘉永3年(1850)周防の石工に依頼し、通りやすい道となった。大変幻想的で素晴らしい所なので今でも、素敵なお散歩コースとして歩かれている方もたくさんいらっしゃいます。   昭和47年6月に日田市指定天然記念物となりました。樹齢は300年以上とも言われ幹の最大周は約2m途中から右へ左へと這い、両方あわせて約35mも伸びています。その1本の松が社殿を半周している姿は、まるで、龍が社殿を守っているような雰囲気をかもし出しています。


交通案内

九州の小京都、日田市
日田の町並み   天領祭り「千年明かり」
「千年明かり」のようす
江戸時代、「天領」として栄えた日田の栄華を再現する「日田天領まつり」。当時の装束を身につけ、市内をねり歩く総勢200名もの行列は、まさに天領時代の光景そのもの。期間中月隈公園や豆田町周辺では、様々なイベントが行われ、たくさんの屋台が建ち並びます。
ひなまつり
ひなまつり 2月15日から3月31日までの期間中は、絢爛豪華な雛人形が旧家をはじめ市内各所で展示・公開されます。
祇園まつり 300年の伝統を誇る日田の夏越し祭。勇壮で豪華な山鉾と響き渡る祭囃子の音色で町が一層賑わいます。
九重”夢”大吊橋 小鹿田焼(おんたやき)
九重”夢”大吊橋 2006年10月に完成した、標高777m、日本一の長さと高さを誇る大吊橋。絶景を望む大分の新名所です。
小鹿田焼(おんたやき) 現在でも機械を一切使わない伝統の製法を貫いています。素朴で温かみのある雰囲気が人気です。
スケジュール
天領ひた おひなまつり

2月中旬〜3月末日

ホタル祭り(小野地区) 6月第2土・日
大山 梅まつり 2月下旬〜3月下旬 上津江渓谷まつり 7月
あまがせ温泉まつり 4月上旬 日田祇園山鉾集団顔見せ 7月中旬
桜の名所 3月下旬〜4月上旬まで 日田祇園祭 7月20日過ぎの土・日
津江山系釈迦連峰山開き 4月29日 日田三隈川鮎まつり 8月下旬
上津江シャクナゲ園開園 4月中旬〜5月上旬 日田放生会 9月21日〜25日
御田植祭り 4月15日 観月会 10月頃
日田川開き観光祭 5月20日過ぎの土・日 小鹿田焼き 民陶祭 10月第2土・日
三隈川の鵜飼 5月20日〜10月末日 日田天領まつり 11月
リンク一覧
日田市 日田市の公式サイトです。
日田市観光協会

日田市観光協会の公式サイトです。

日田温泉組合 日田温泉組合の公式サイトです。
九重夢大吊橋 遠くに九重連山の雄大な景色を望む日本一の吊橋です。「日本の滝百選」に選ばれた震動の滝も見ることができます。
サッポロビール新九州工場 水郷日田の名水100%を使った美味しいビールが作られています。無料の工場見学も人気です。
いいちこ日田蒸留所 原酒や貯蔵酒のテイスティングも楽しめる試飲コーナーも。

日田の宿 よろづや トップページへ